Img_6fd3f901d7dfb760de1a4abdd7161a3f
Img_7c63b9056473f89cc39eb6c6607dedf7
2018年9月15日(土)、世田谷八幡宮へ出かけました。目当ては学生奉納相撲。
以前、ホッタさんの神社参拝ツアーでここ世田谷八幡宮を訪れた時も (Click!) 、土俵を囲む立派な観覧席を見ながら、どんな様子なのかな〜と想像していました。

かつて「江戸郊外三大相撲」と呼ばれたなかで、今でも続いているのはここ世田谷八幡宮だけだそうです。現在は、世田谷区内にある東京農業大学の学生さんたちが土俵に立ちます。
小雨がぱらつく当日は、大きなブルーシートが張られていました。観覧席はかなりの人出。海外の方も多く見受けられました。
Img_b891c70592436c79894046303b037082
Img_aac129b7037741faafcdf9741b98e7a9
Img_1301a6a695218f3eaec34b213044687c
カラー写真バージョンもありましたが、この2色刷り筆文字のポスターが渋かわいくて素敵です。雨がやみ、少し明るくなってきました。演芸はこの舞台で奉納されるのかな?
Img_58f5a7a41f727a91ee1cd8950a46a9d0
Img_5a796485924f0832a7984cc97e8d46ff
Img_ea0cd38f0e11bd0d00783124f5d6c51f
まわりにもぐるりと提灯が。境内の厳島神社の弁天池にはカモが楽しそうに泳いでいました。すぐそばを走る世田谷線。

こんもりとした緑、土俵に弁天池と、静かに多彩な表情を見せてくださる神社です。招き猫で有名な豪徳寺もすぐ近くの徒歩圏内。東急世田谷線宮の坂駅が最寄りです。世田谷線の沿線散策で訪れても楽しいですよ♪
世田谷区立郷土資料館 (Click!) の常設展示で初めて知った大蛇のお練り行事。
藁で編んだ巨大な蛇の写真を見て、わぁ〜こんなお祭りがあるんだ! とわくわく。力強く土着な感じを受けました。実際に見てみよう!とお練り行事が行われる奥澤神社 (Click!) の例大祭(2018年は9月8日)に出かけてきました。
Img_eed403e4448d2a89058166ed6d24aae6
現れた! 目が合いましたよ
Img_cbb86225568d97bab099a5eafee264c9
9mの長〜い体が踏切を渡ります
Img_7f26e26686acc8db65fc02dd36515c01
あとは一直線に
Img_14a9ccf62be225059a0d9981079504ba
奥澤神社へ!
Img_0e95cfc094cd98ce59ccf4257870196f
Img_e5b10b67038a4c801a3e4ec05180dac3
Img_750c70068510ec86ebc3e2968a8166bc
鳥居に巻きついている、その名も「奥沢大蛇通り」にあるお神輿になっている、お練りから帰ってきて鎮座される、大蛇づくしの光景です。

江戸時代に疫病が流行した際、名主の夢に現れた八幡大神の「藁でつくった大蛇を担いで村内を巡行するとよい」というお告げに従ってやってみると治まった、といういわれがあるそうです。お神輿の前に立てられた藁の束を厄除けにいただくために人が次々と訪れたり、厄除け行事として親しまれているのを感じました。2016年に東京都指定無形民俗文化財に指定されているそうです。 (Click!)  一見の価値ありです♪
Img_8d07607ca191ae91dbbd9df12ee9aecd
Img_29a3e58ef96ba408688759caf314c7d1
いろんな木が植えられてる庭のあるご近所さん。
毎朝、鳥が来て鳴いたり、花びらや葉っぱが落ちてきたり。雨風が強い時は、竹がしなってどこかに当たる音がしたり。
見た目もジャングルチックで、にぎやかでした。

先日、植木屋さんが来て、そこのお宅の庭木を剪定してました。ほぼ取り去るのに近い感じで、印象的な一本の木が残されて、あとは更地のようになりました。

「鳥の巣がありましたよ」と植木屋さん。
どんな鳥が巣をつくっていたのかな……気になりました。

もう鳥の鳴き声はしません。時にはうるさいくらいのあのにぎやかさは、素敵な風景だったんだなぁ、と感じます。
残った木の葉が繁ってきたら、また鳥の声が聞こえてくるかな。そして巣をつくるかな。

☆写真は三軒茶屋の「鳥の巣がおしえてくれること」展 (Click!) 
8/26(日)までの開催です。
会場風景、真ん中あたりに立つ木の枝にある、小枝のかたまりのような巣は、カササギのものだそうです。
Img_ad05d7997d00b50ff0b0c248cbd2f083
Img_76fe27d494e703c63f1c99d554d7cf15
8月の声を聞き、急きょ思い立ち、びゅん! と出かけてきました。
ショートトリップ to NAGANO。
牛に引かれて……の善光寺の威容【PH左】。すかっと晴れた夕空の下、どーんと建ってます。古くから多くの人の参詣を受け止めてきた大きさを感じます。【PH右】は、朝から歩いた戸隠のマンホール。戸隠神社の様子はまた別途記します。
⭐︎戸隠神社参拝記はこちら (Click!) 
Img_e49de67e6b1751de305dc468abf2abc7
Img_ebc10e6d887e6bab6abc5af2a6212048
Img_a4247983e1ba9065b81ca7263368e903
Img_a1c680164db5dc14eb1c336d1c233792
偶然だったのですが、この日は善光寺をスタートし長野市街で繰り広げられる祭「長野びんずる」の日でした。
木遣り、かっこよかった! 会社だったり仲間の集いだったり、いろんな「連」が街を踊り歩きます。かがり火は善光寺に1200年灯され続けている「法燈」との説明がありました。

祭はいいですね〜。熱気を感じながら、長野市民のソウルフード(?)というあんかけ焼きそばで、よく歩いた旅を〆ました。
Img_f7ceb183b9d8a0c8a4acff490d7b9ce8
Img_200221546b32869ab83772e01975e2c3
暑い暑い7月下旬、上野の東京国立博物館に出かけました。
お目当ては「縄文展」。

混雑覚悟!と思っていましたが、猛暑すぎたのか、夜間展示とのはざかいに当たったか、割とスムーズに鑑賞することができました。

力強い火焔土器や印象的な土偶から、動物型、きのこ型、小さな小さな土製品の愛らしさ。

展示方法にも工夫が感じられ、また関連グッズの多彩さも目を惹きます!
土偶や土器の形のクッキー型に装飾ばっちりの土器型紙コップなどなど……
写真【上】は図録の表紙です。

今度の旅は、ぜひあの遺跡を巡ってこんなルートで……
いろんな想像に胸ふくらみます。
鑑賞後は小腹が空いて、ロビーの喫茶コーナー、鶴屋吉信の「あんトースト」で一服。
マスカルポーネのクリームらしい。なかなか美味でした!!

⭐︎「縄文ーー1万年の美の鼓動」展(東京国立博物館)2018年9月2日(日)まで
 (Click!) 
Img_3e5d09fcde050f1d0195725f98226cd0