世田谷観光だより

〜世田谷を中心に東京ローカルをたのしむ〜
Text Size : A A A
世田谷区立郷土資料館 (Click!) の常設展示で初めて知った大蛇のお練り行事。
藁で編んだ巨大な蛇の写真を見て、わぁ〜こんなお祭りがあるんだ! とわくわく。力強く土着な感じを受けました。実際に見てみよう!とお練り行事が行われる奥澤神社 (Click!) の例大祭(2018年は9月8日)に出かけてきました。
Img_eed403e4448d2a89058166ed6d24aae6
現れた! 目が合いましたよ
Img_cbb86225568d97bab099a5eafee264c9
9mの長〜い体が踏切を渡ります
Img_7f26e26686acc8db65fc02dd36515c01
あとは一直線に
Img_14a9ccf62be225059a0d9981079504ba
奥澤神社へ!
Img_0e95cfc094cd98ce59ccf4257870196f
Img_e5b10b67038a4c801a3e4ec05180dac3
Img_750c70068510ec86ebc3e2968a8166bc
鳥居に巻きついている、その名も「奥沢大蛇通り」にあるお神輿になっている、お練りから帰ってきて鎮座される、大蛇づくしの光景です。

江戸時代に疫病が流行した際、名主の夢に現れた八幡大神の「藁でつくった大蛇を担いで村内を巡行するとよい」というお告げに従ってやってみると治まった、といういわれがあるそうです。お神輿の前に立てられた藁の束を厄除けにいただくために人が次々と訪れたり、厄除け行事として親しまれているのを感じました。2016年に東京都指定無形民俗文化財に指定されているそうです。 (Click!)  一見の価値ありです♪