世田谷観光だより

〜世田谷を中心に東京ローカルをたのしむ〜
Text Size : A A A
Img_242059ff347742c78b951b6436165d00
世田谷の宝の一つと言えるんじゃないかな、と思う等々力渓谷。23区内唯一の渓谷。多摩川に注ぐ谷沢川が浸食してできたのだそう。
初めて訪れる友人2名をご案内。せたがやかんこうあるじも久しぶりです。
渓谷入り口に掲げられた温度計。地上と、入り口から降るかっこうの渓谷の温度差、1℃以上あるんだね!
と驚きつつ散歩スタートです。
Img_e629a3d0820153534f86b91deea921ae
Img_cdae12284bd6a09e5a70072346b71b08
Img_cfcfb193a5a79d55422c7aab83485d63
雨上がりのしっとりした地面を踏みしめ歩きます【PH左】。斜面の地層を眺め、あれは礫層?粘土層?とつぶやいたり、樹木の種類の多さに感激したり。環八と交差する地点で、階段を登ってみました。高低差は10mほどあるそうです。上から見た図【PH中央】。下から見上げるの図【PH右】。
Img_64194f65c87fc819cd543dc939ca4728
区の案内板の向こうは……
Img_c10689fbfbf5992c44ee005d03997587
じゃーん!野毛大塚古墳です。
Img_c84aa2230715afb0c32a8b270efa2974
stairway to KOFUN!
Img_5d2c9857ae5891209c568cf001a60575
古墳のてっぺんに登れます。どなたかのお墓に。失礼いたします。
Img_36c1609ebe4b06ced7472660a0e5f439
遠くに見える高層ビル。5C初頭の造営時、どこまで見渡せたことでしょう!
等々力渓谷は全長1kmほど。東急大井町線等々力駅近くの入り口から歩き、ゴールは等々力不動尊。気持ちのいい、どの季節もそれぞれに楽しめそうな散歩コースです。
野毛大塚古墳は渓谷散歩の道すがら脇の階段をとことこ登り、閑静な住宅街のなかを行った公園に姿を現します。ここはせたがやかんこうあるじも初訪問。
国分寺崖線沿いにはいくつもの古墳が点在する模様。また改めて世田谷古墳めぐりをするぞと心に決めております。
同行してくれた友人2人に感謝! 春先散歩の一日でした。