Img_e94139397f0b490060d48a41a6498418
5月末、仙台へ足を延ばしました。
きっかけはあるTV番組で見た「仙台箪笥」。長年使ってきた箪笥を修復する様子を丁寧に記録した番組でした。

味わい深い木の色、渋く光る金具。
ぎらぎらといかにも豪華、というのではないのですが、渋く派手。
ちょっとそんな箪笥の姿を見に行きたくなったのでした。
仙台駅を降り立つと、街はもえるような緑がまぶしい。街路樹は欅でした。

暑いくらいの陽気に誘われ、ずんずん歩きます。広瀬川沿いの西公園にはでっかいこけしが!修復中?のようで周りには囲いがされていました。

散歩の合間に、箪笥のお店や資料館を回ります。
江戸時代末期に仙台藩の地場産業として生まれた仙台箪笥。材は欅や栗が多いと知って、街路樹といい、箪笥といい、仙台は欅の街なのかな! と感じました。
Img_f1f8dd7712196a568e322ca90d2a6bc3
Img_a7d6f121649e881384690583dc66d94e
Img_158e63819b0e6d54896c27f8a86f984b
Img_a93dd135ba19f3946643bfe689d9713f
とある仙台箪笥のメーカーのお店に立ち寄ったら、素敵な提灯…というか和風ランプがありました。いいなぁとつぶやいたら、店主が「仙台に大崎八幡という大きな神社があって、そこに提灯を納めている水戸の老舗提灯屋さんの作品なんですよ」と教えてくれました。お、八幡さま? そうですか、ちょっと参拝してみますか、と出かけたのがこちら↑ 左のPH「八幡宮」の額の周囲にある紋は伊達家ゆかりの紋だそうです。
Img_5e268871bdc457157e9ff3e2b3603255
指物、塗、金具の三つの技が合わさってできている仙台箪笥。どの工程も深くて、面白い。

長く愛着を持って使い続けるものに、しかも日本の伝統のものに、心を動かされるようになりました。
じっくり探して、いつか気に入りの仙台箪笥を一つ、持つことができたらいいな!

渋可愛い仙台箪笥手ぬぐいをお土産に帰路につきました。
Img_c0af208c8e6cd9284e34cc5d2d50cece
Img_b0d05e656418dc2477faa3b1e4319d39
梅雨入りしてすぐの暑〜い日、豪徳寺にやって来ました。
この季節、出るんです。「青梅あります」の貼り紙が。

この日もありました、いそいそ、山門をまたぎます。

井伊家の菩提寺として、そして招き猫発祥(?)のお寺として有名な豪徳寺。
海外からの観光客の方が増えている印象です。

御朱印をいただくため受付を訪ねる人に混じって、分けていただいた青梅、約1kg。
「境内になった梅です」とのこと。


サイズはばらばらですが、つやつやです。
これぞ天然、世田谷産の梅!  
梅を洗ってへたを取り、よく水分を拭き取って、氷砂糖と一緒につけこみ、梅シロップをつくります。


上は、仕込んだ当日の様子。
下は、20日近く経った様子です。

毎朝、瓶をくるくる回します。だんだん氷砂糖が溶けていきます。
梅のエキスが出てきて、実はしわしわになっていますが、おいしいシロップになっていっている証拠♪


炭酸水で割ったり、爽やかな夏の飲み物になる予定!
Img_1b8084ea86d80b1a97560cc30189a1fd
Img_13d765eb817158846f0a3b1298610820
さいたま市北区にはその名も「盆栽町」という町があります。
関東大震災を契機に、東京にいた盆栽業者さんたちが移住してできた町と教わりました。
盆栽に目覚めた家族の誘いもあり、昨年初めて訪れました。
かつては町内に30軒ほどの盆栽園があったそう。今は5軒になっていますが、街路樹や町並みも考えてつくりあげられて来たんだろうなという味わいがあります。また今年も! と「大盆栽まつり」のタイミングで出かけました。

写真は「大宮盆栽美術館」の入り口です。
Img_cfe0ef635145e32a11ffe216a2e05cab
Img_e8ae4ec0951f14a1ef4ee3afc6a8bd3e
Img_9ef8f8aabfb39ec8a8e3ce2ea680e66f
全国各地から集結した盆栽屋さんもパラソルやテントを張って、路上にお店を並べています。
……我われはつい、ご近所の「世田谷ボロ市」を思い出す人出。季節もお目当ての品も違いますけども!……

町内の「盆栽四季の家」という施設では、和楽器の音楽演奏などのイベントも行われ、飲み物や軽食の露店も出ていました。
mapもかわいらしい「大盆栽まつり」カード。銘品のカードは美術館で求めました。
Img_339b88e70ea2b8e43b52273b6c795011
Img_2a4dc30778cc255d116f7cc8f1df695f
Img_3b1218c30af9efb2d4c458f76634a299
大宮盆栽美術館はすっきりとした気持ちいい建物。撮影OKな盆栽もいくつかあります。せたがやかんこうあるじのように、盆栽よく知らないぞという人にも楽しめる場所だと思います。

武蔵国一の宮の「氷川神社」 (Click!) と合わせての散策も楽しいと思います♪
Img_b326adbbfc339d9c5a7356b31c2d45c3
Img_5bc9f123e979d5edb08326615bcb5f6c
京王線の駅で見かけたポスターの一面の濃ゆ〜い緑に驚き足を止めました。
何じゃぁこの森は!? と近寄ってみれば「小宮公園」(八王子市)というところらしい。
行ってみたい!やや暑いぐらいの初夏のような陽気の日、出かけてきました。
Img_a8e5c321c6b919ad5f1b66a4fab554df
Img_2e9f73b9852210c0f7678e159504fb56
Img_21a03ac261430bad50033fb0f1c900be
Img_6def8033bfa3e95875afe0cafcb7d954
Img_02d4cd6c37e596319f18541ff4e14728
Img_67598e4e8471b95110b1ef40443228d2
Img_09d7728f490f594efbd93660deec4971
「小宮公園」 (Click!) は八王子駅から1.5km北、バスの便もあり、歩いても30分という距離にありました。
ぐるり周囲はいわゆる住宅地。しかし「ひよどり山」という小山にあるためか、園内から家並は視界に入らないほどの「森」感が。園内の散策路も、うぐいすの小道、さんこうちょうの小道、こげらの小道……等々と名づけられているように、多彩な鳥の鳴き声が響き、緑、緑、緑がつづく絶好の散策が楽しめます。場所によっては寝っ転がって風に吹かれて大きな木を眺めたり……思う存分、グリーンを味わいます。
この森は、人が手を入れ管理している雑木林。人と植物・生物の織りなす豊かさに感動します。その森のサイクルを解説してくれている案内板をパチリと収めて、満足の散策を終えました。
Img_5184985e05e86ecd9ac566ebf6da8c5e
春4月、桜にはもう終わるころ、秋川渓谷へ出かけました。
JR武蔵五日市駅を出て歩き始めると、最初に迎えてくれたのはツバメでした。
なんだか幸先がいい感じがするぞぉ〜♪と足どりも軽くなります。
Img_9bb5dac213984a7795a96ea9281a38a7
Img_521f62c0b495d722e4f65c74914588a0
Img_1384d1f12a62194690a9b09a3fe3ea75
↑橋の向こう側に目指す宿があります【左】。宿のウッドデッキの長椅子でぼーっと眺める景色【中】。現地で調達した野ぜり【右】は生き生き、つやつや。自炊もできる宿で、今夜のおかずになりました。温泉もなかなか素晴らしい宿です。

↓秋川の流れ【左】。どれだけ見つめていても飽きない、音もいいです。
檜原村(ひのはらむら)にはいくつもの滝があります。有名な「払沢(ほっさわ)の滝」を目指します。途中にある「忠助淵」【中】の脇を通ってたどり着いた払沢の滝【右】。檜原村の水道水源になっているそうです。
Img_16601f68329c67054c2ac295d1106f12
Img_e6075a21b2a9f75730b25a023aaf47f6
Img_a8080ea62080573f501ed4b2f355e553
2016年11月に初めて訪れて (Click!) 、気に入って何度か出かけている秋川渓谷。宿を起点にバスや徒歩であきる野市や檜原村の散策を楽しみます。

今回は気になっていた払沢の滝入り口にあるお豆腐屋さんの「うの花ドーナツ」にありつきました! サクッとふわっと軽やかで美味♪ 

滝から歩いて窓から川を眼下に望める喫茶店で一服。野鳥用の餌台も見下ろすことができます。
残念ながらこの日は、この餌台にやってくる鳥には会えませんでしたが、大きな青鷺が優雅に川に舞い降りる姿を目にしました!

清い景色、匂いも音もあわせて丸ごと深呼吸。
心からリフレッシュできた、よい旅でした。
Img_669f288a859bce8da6dd3d5d1b36fe5c
Img_2ddbf4f820e5cc20519d6a8800449785