世田谷観光だより

〜世田谷を中心に東京ローカルをたのしむ〜
Text Size : A A A
Img_b14bfcc7be2ec48a2fc8d447b060047d
大覚寺からスタートし京都歩きを愉しんだ翌日、快晴の大阪にいました。

大阪城、行ったことある? と同行の友人に尋ねられ、そういえば、なかった…。
ぜひ参りましょう! いざいざ! と心地よい風に吹かれながら大阪城公園を横切り、天守閣にたどり着きました。

どどーん。立派だなぁ〜。
Img_792f1eac8edf33b13a6f81127f2ab39f
Img_62bbc4a3122c28dd4a860f55c05e12af
Img_9fd05396e022df2ba259a3a4bb0e64d8
【左】天守閣から見た北の景色。右手に見える円形の建物は大阪城ホール。TWIN21などの高層ビルが立ち並んでいます。【中】外に向けていた目をお城に戻すと、壁に大きな金色の鶴。光ってます。【右】天守閣から東の方角。見えるのは生駒山。この景色は、大阪城が建ったころから変わらないのでしょうね。
Img_0d4ac7aaa7dbe122c929435173ba7505
Img_cd28e60d1fb75a0215d31ac3d5e4afc6
満々と水をたたえたお堀を、船がゆきます。
水も印象的な大阪城でした。
Img_1e6d9f95cf4f065ad71557021450314b
Img_5df0395a87c9b99b1f502c88c8c85cd7
京都を訪れました。平安時代に嵯峨天皇が写経したお経が60年に一度公開される「勅封般若心経戊戌開封法会」 (Click!) を拝観しよう!と大覚寺へ。
当時疫病が流行り、心を痛めた天皇に弘法大師が写経を勧め、取り組んだところ疫病はぴたっと治まった、ということから、嵯峨天皇が書写された般若心経は霊経と尊ばれているんだそうです。書写された年が918年(弘仁9)戊戌(つちのえいぬ)年だったので、その後60年ごとの戊戌年に公開され、今年2018年はちょうど1200年にも当たるめでたい年なんですよ! という話をたまたま聞いたのが今年のはじめ。それはすごい、観にいってみよう!と東京から同行2人で出かけることにしたのでした。大阪在住の友人も合流し、計4名の旅。
お経はもちろん写真に収められませんし、わずかな時間、目にすることができるだけでした。しかし、あっという間なんだろう人生で、1200年前のものとはっきりわかる貴重なものにふれることができるのは、やはりたいへん稀有なことだったと思いました。同道の仲間も楽しく、秋の京都を嵐山を中心に歩き、満喫しました。
Img_f545a4a29c7a8f71dedc814556cede2e
Img_7395e00c84231a386a2cb3a3c59979fc
Img_ec36ab54996096a3426097bf1886f6fd
Img_df89ffc313dac5ffe3983634409baaa7
相当な混雑を覚悟して臨んだ大覚寺でしたが、早い時間だったからか、さほどでもなく、ゆったりした気分で拝観を終え、嵐山は二尊院 (Click!) を目指すと、だんだん人が増えてきました。
紅葉にはまだ早い時季でしたが、色づいたらこれはまたきっと見事だろうなぁ〜、と思う趣きのある境内でした【PH上段】。
続いて訪れた野宮神社 (Click!) は、こぢんまりした境内に、ぎっしりの人、人、人。海外の方、若者が多く、にぎやかでした。人が写り込まなかったのは奇跡!?【PH下段左】「良縁」で有名だそうですが、良縁を願う人の気持ちは国境を越えると感じました。「じゅうたん苔」でも名高いようで、美しい苔っぷりでしたが、観ている人はほぼゼロ【PH下段右】、よい静寂が漂っていました。

このあとは松尾大社に向かい、大笑いして京都散歩を〆ました!(松尾大社については後日アップ予定です)
Img_ad05d7997d00b50ff0b0c248cbd2f083
Img_76fe27d494e703c63f1c99d554d7cf15
8月の声を聞き、急きょ思い立ち、びゅん! と出かけてきました。
ショートトリップ to NAGANO。
牛に引かれて……の善光寺の威容【PH左】。すかっと晴れた夕空の下、どーんと建ってます。古くから多くの人の参詣を受け止めてきた大きさを感じます。【PH右】は、朝から歩いた戸隠のマンホール。戸隠神社の様子はまた別途記します。
⭐︎戸隠神社参拝記はこちら (Click!) 
Img_e49de67e6b1751de305dc468abf2abc7
Img_ebc10e6d887e6bab6abc5af2a6212048
Img_a4247983e1ba9065b81ca7263368e903
Img_a1c680164db5dc14eb1c336d1c233792
偶然だったのですが、この日は善光寺をスタートし長野市街で繰り広げられる祭「長野びんずる」の日でした。
木遣り、かっこよかった! 会社だったり仲間の集いだったり、いろんな「連」が街を踊り歩きます。かがり火は善光寺に1200年灯され続けている「法燈」との説明がありました。

祭はいいですね〜。熱気を感じながら、長野市民のソウルフード(?)というあんかけ焼きそばで、よく歩いた旅を〆ました。
Img_e94139397f0b490060d48a41a6498418
5月末、仙台へ足を延ばしました。
きっかけはあるTV番組で見た「仙台箪笥」。長年使ってきた箪笥を修復する様子を丁寧に記録した番組でした。

味わい深い木の色、渋く光る金具。
ぎらぎらといかにも豪華、というのではないのですが、渋く派手。
ちょっとそんな箪笥の姿を見に行きたくなったのでした。
仙台駅を降り立つと、街はもえるような緑がまぶしい。街路樹は欅でした。

暑いくらいの陽気に誘われ、ずんずん歩きます。広瀬川沿いの西公園にはでっかいこけしが!修復中?のようで周りには囲いがされていました。

散歩の合間に、箪笥のお店や資料館を回ります。
江戸時代末期に仙台藩の地場産業として生まれた仙台箪笥。材は欅や栗が多いと知って、街路樹といい、箪笥といい、仙台は欅の街なのかな! と感じました。
Img_f1f8dd7712196a568e322ca90d2a6bc3
Img_a7d6f121649e881384690583dc66d94e
Img_158e63819b0e6d54896c27f8a86f984b
Img_a93dd135ba19f3946643bfe689d9713f
とある仙台箪笥のメーカーのお店に立ち寄ったら、素敵な提灯…というか和風ランプがありました。いいなぁとつぶやいたら、店主が「仙台に大崎八幡という大きな神社があって、そこに提灯を納めている水戸の老舗提灯屋さんの作品なんですよ」と教えてくれました。お、八幡さま? そうですか、ちょっと参拝してみますか、と出かけたのがこちら↑ 左のPH「八幡宮」の額の周囲にある紋は伊達家ゆかりの紋だそうです。
Img_5e268871bdc457157e9ff3e2b3603255
指物、塗、金具の三つの技が合わさってできている仙台箪笥。どの工程も深くて、面白い。

長く愛着を持って使い続けるものに、しかも日本の伝統のものに、心を動かされるようになりました。
じっくり探して、いつか気に入りの仙台箪笥を一つ、持つことができたらいいな!

渋可愛い仙台箪笥手ぬぐいをお土産に帰路につきました。
Img_5184985e05e86ecd9ac566ebf6da8c5e
春4月、桜にはもう終わるころ、秋川渓谷へ出かけました。
JR武蔵五日市駅を出て歩き始めると、最初に迎えてくれたのはツバメでした。
なんだか幸先がいい感じがするぞぉ〜♪と足どりも軽くなります。
Img_9bb5dac213984a7795a96ea9281a38a7
Img_521f62c0b495d722e4f65c74914588a0
Img_1384d1f12a62194690a9b09a3fe3ea75
↑橋の向こう側に目指す宿があります【左】。宿のウッドデッキの長椅子でぼーっと眺める景色【中】。現地で調達した野ぜり【右】は生き生き、つやつや。自炊もできる宿で、今夜のおかずになりました。温泉もなかなか素晴らしい宿です。

↓秋川の流れ【左】。どれだけ見つめていても飽きない、音もいいです。
檜原村(ひのはらむら)にはいくつもの滝があります。有名な「払沢(ほっさわ)の滝」を目指します。途中にある「忠助淵」【中】の脇を通ってたどり着いた払沢の滝【右】。檜原村の水道水源になっているそうです。
Img_16601f68329c67054c2ac295d1106f12
Img_e6075a21b2a9f75730b25a023aaf47f6
Img_a8080ea62080573f501ed4b2f355e553
2016年11月に初めて訪れて (Click!) 、気に入って何度か出かけている秋川渓谷。宿を起点にバスや徒歩であきる野市や檜原村の散策を楽しみます。

今回は気になっていた払沢の滝入り口にあるお豆腐屋さんの「うの花ドーナツ」にありつきました! サクッとふわっと軽やかで美味♪ 

滝から歩いて窓から川を眼下に望める喫茶店で一服。野鳥用の餌台も見下ろすことができます。
残念ながらこの日は、この餌台にやってくる鳥には会えませんでしたが、大きな青鷺が優雅に川に舞い降りる姿を目にしました!

清い景色、匂いも音もあわせて丸ごと深呼吸。
心からリフレッシュできた、よい旅でした。
Img_669f288a859bce8da6dd3d5d1b36fe5c
Img_2ddbf4f820e5cc20519d6a8800449785