Img_8d07607ca191ae91dbbd9df12ee9aecd
Img_29a3e58ef96ba408688759caf314c7d1
いろんな木が植えられてる庭のあるご近所さん。
毎朝、鳥が来て鳴いたり、花びらや葉っぱが落ちてきたり。雨風が強い時は、竹がしなってどこかに当たる音がしたり。
見た目もジャングルチックで、にぎやかでした。

先日、植木屋さんが来て、そこのお宅の庭木を剪定してました。ほぼ取り去るのに近い感じで、印象的な一本の木が残されて、あとは更地のようになりました。

「鳥の巣がありましたよ」と植木屋さん。
どんな鳥が巣をつくっていたのかな……気になりました。

もう鳥の鳴き声はしません。時にはうるさいくらいのあのにぎやかさは、素敵な風景だったんだなぁ、と感じます。
残った木の葉が繁ってきたら、また鳥の声が聞こえてくるかな。そして巣をつくるかな。

☆写真は三軒茶屋の「鳥の巣がおしえてくれること」展 (Click!) 
8/26(日)までの開催です。
会場風景、真ん中あたりに立つ木の枝にある、小枝のかたまりのような巣は、カササギのものだそうです。
Img_f7ceb183b9d8a0c8a4acff490d7b9ce8
Img_200221546b32869ab83772e01975e2c3
暑い暑い7月下旬、上野の東京国立博物館に出かけました。
お目当ては「縄文展」。

混雑覚悟!と思っていましたが、猛暑すぎたのか、夜間展示とのはざかいに当たったか、割とスムーズに鑑賞することができました。

力強い火焔土器や印象的な土偶から、動物型、きのこ型、小さな小さな土製品の愛らしさ。

展示方法にも工夫が感じられ、また関連グッズの多彩さも目を惹きます!
土偶や土器の形のクッキー型に装飾ばっちりの土器型紙コップなどなど……
写真【上】は図録の表紙です。

今度の旅は、ぜひあの遺跡を巡ってこんなルートで……
いろんな想像に胸ふくらみます。
鑑賞後は小腹が空いて、ロビーの喫茶コーナー、鶴屋吉信の「あんトースト」で一服。
マスカルポーネのクリームらしい。なかなか美味でした!!

⭐︎「縄文ーー1万年の美の鼓動」展(東京国立博物館)2018年9月2日(日)まで
 (Click!) 
Img_3e5d09fcde050f1d0195725f98226cd0
さいたま市北区にはその名も「盆栽町」という町があります。
関東大震災を契機に、東京にいた盆栽業者さんたちが移住してできた町と教わりました。
盆栽に目覚めた家族の誘いもあり、昨年初めて訪れました。
かつては町内に30軒ほどの盆栽園があったそう。今は5軒になっていますが、街路樹や町並みも考えてつくりあげられて来たんだろうなという味わいがあります。また今年も! と「大盆栽まつり」のタイミングで出かけました。

写真は「大宮盆栽美術館」の入り口です。
Img_cfe0ef635145e32a11ffe216a2e05cab
Img_e8ae4ec0951f14a1ef4ee3afc6a8bd3e
Img_9ef8f8aabfb39ec8a8e3ce2ea680e66f
全国各地から集結した盆栽屋さんもパラソルやテントを張って、路上にお店を並べています。
……我われはつい、ご近所の「世田谷ボロ市」を思い出す人出。季節もお目当ての品も違いますけども!……

町内の「盆栽四季の家」という施設では、和楽器の音楽演奏などのイベントも行われ、飲み物や軽食の露店も出ていました。
mapもかわいらしい「大盆栽まつり」カード。銘品のカードは美術館で求めました。
Img_339b88e70ea2b8e43b52273b6c795011
Img_2a4dc30778cc255d116f7cc8f1df695f
Img_3b1218c30af9efb2d4c458f76634a299
大宮盆栽美術館はすっきりとした気持ちいい建物。撮影OKな盆栽もいくつかあります。せたがやかんこうあるじのように、盆栽よく知らないぞという人にも楽しめる場所だと思います。

武蔵国一の宮の「氷川神社」 (Click!) と合わせての散策も楽しいと思います♪
Img_b326adbbfc339d9c5a7356b31c2d45c3
Img_5bc9f123e979d5edb08326615bcb5f6c
京王線の駅で見かけたポスターの一面の濃ゆ〜い緑に驚き足を止めました。
何じゃぁこの森は!? と近寄ってみれば「小宮公園」(八王子市)というところらしい。
行ってみたい!やや暑いぐらいの初夏のような陽気の日、出かけてきました。
Img_a8e5c321c6b919ad5f1b66a4fab554df
Img_2e9f73b9852210c0f7678e159504fb56
Img_21a03ac261430bad50033fb0f1c900be
Img_6def8033bfa3e95875afe0cafcb7d954
Img_02d4cd6c37e596319f18541ff4e14728
Img_67598e4e8471b95110b1ef40443228d2
Img_09d7728f490f594efbd93660deec4971
「小宮公園」 (Click!) は八王子駅から1.5km北、バスの便もあり、歩いても30分という距離にありました。
ぐるり周囲はいわゆる住宅地。しかし「ひよどり山」という小山にあるためか、園内から家並は視界に入らないほどの「森」感が。園内の散策路も、うぐいすの小道、さんこうちょうの小道、こげらの小道……等々と名づけられているように、多彩な鳥の鳴き声が響き、緑、緑、緑がつづく絶好の散策が楽しめます。場所によっては寝っ転がって風に吹かれて大きな木を眺めたり……思う存分、グリーンを味わいます。
この森は、人が手を入れ管理している雑木林。人と植物・生物の織りなす豊かさに感動します。その森のサイクルを解説してくれている案内板をパチリと収めて、満足の散策を終えました。
暦の上では春。そう思えない寒気もありますが、本日の東京は日差しがやわらかい、ちょっと暖かい日です。
我が家宝、友人がプレゼントしてくれた前方後円墳(いや、双円墳?)の、通称古墳ちゃん。
苔で覆われているその一角に、小さなふたばを発見した立春開け。
Img_5ab4f8fd749f8c77c534d5a607727249
Img_3ede6653096da9ec0048edde7d7d67f0
そして本日、もうひとつの山肌にも、小さな緑が育っているのに気づきました。
どこかで生まれてます、春。ちょっぴりウキウキ、仕事に出かけます!
【参考】古墳の種類について、こちらのサイトを参照しました。
「古墳マップ」
 (Click!)