世田谷観光だより

〜世田谷を中心に東京ローカルをたのしむ〜
Text Size : A A A
Img_a44aff2ee92b1e61655f63846a865a04
Img_b842ad09872bc8b13536000ccbe42a31
2018年1月15日(月)来訪
週明け月曜日の午前中、「戸隠神社」を目指しました。
学問の神として超・有名な「湯島天神」 (Click!) の境内にあるお社です。
平日朝にもかかわらず、人でごった返しています。それもそうだ、これから受験シーズン本番、という時期ですものね。初詣〜受験シーズンだからか、前に訪れた時にはなかった屋台がたくさん並んでいます。朝から開いてるのは甘酒と飴と大福のお店くらいでしたが♪
「湯島天神」にはホッタさんの神社ツアー初回で訪れています (Click!) が、その時は「戸隠神社」にはお参りしていませんでした。
しかし今回調べてみると、この「戸隠神社」は天神様をお祀りする前からこの地に祀られていた地主神さま。
地主神さまには是非お参りしましょう、とホッタさんに教わったことを思い出し、改めてお参りできてよかった〜と感じました。
【地主神さまについてご参考記事】
「第3回 根津神社」 (Click!) 
「第5回 日枝神社」 (Click!) 

[戸隠神社にお祀りされている神]
天手力男神(あめのたじからおのかみ)
Img_11463fd0833d33e498712feeacc981cd
天神様に皆さんが手を合わせる拝殿の
Img_145405db9f078c6dd2fad9e5c43e8c2a
裏手、この向かいに戸隠神社はありました。
Img_e9e86939bdd5a4e50dcf0147ac64c64d
合格折紙付きの大福の売店も。梅の開花はまだちょっと先。
[きっかけの神さま&散策ポイント]
「天手力男神(あめのたじからおのかみ)」を訪ねました。
天岩戸に隠れた天照大神を神々が協力して引っ張り出そうとした時、岩戸をえいっと投げた神さま。高千穂から長野の戸隠まで飛んだということです。
しなやかな力、ハラを決める、というホッタさんの解説コメントが印象に残っていました。

天神さんの神使である牛の像。参詣者がなでていくので鼻筋あたりは特にツルツル光っています。
新年を迎え、どんな年にしたいか。よく考えて進んでいきたいなと思いながら、なでました。
Img_e1e9cb6784c0879f360ea97aeaea0e39