Img_29b5d7631c06279e24877b2ea920bc95
Img_c5c46eff64fa551b09ae347e63666730
2018年3月17日(土)来訪
文京区白山に鎮座する「白山神社」 (Click!) にお参りしました。
「あじさい祭り」で有名ということは知っていたものの、実際に出かけたのは初めて。
この日は東京の桜の開花日。気温は低めですが日差しポカポカ、春の到来を感じます。

創建は平安時代、天暦2年(948)に加賀国一の宮の「白山比咩(しらやまひめ)神社」 (Click!) を本郷元町に勧請したのが始まりだそうです。巣鴨原に遷座したのち、明暦元年(1655)に現在の地に鎮座されたとのこと。小石川の鎮守として信仰を集め「東京十社」にも数えられています。

住宅がひしめく場所に建っていますが、お社の上空はぽっかりと気持ちよく空が見渡せます。相当な人出があるという6月のあじさい祭りと季節も異なるこの日は静かですが、次々と参拝者のお姿が。大きなスーツケースをごろごろ押して来られた方は、旅立つ前のご挨拶なんでしょうね。地元に根づき、愛されている神社だなという印象を受けました。

地主神さまの「八幡神社」、松尾大社のご分霊を祀った「関東松尾神社」、富士塚と「浅間神社」などが境内にあります。

[御祭神]
菊理媛命(くくりひめのみこと)
伊奘諾命(いざなぎのみこと)
伊弉冉命(いざなみのみこと)
Img_3c77617f2d2ddfed85b3fe1246210b0e
一生懸命蜜を吸う鶯の姿が…!
Img_97204073c79fe3885a3fa34b664365b5
あじさい祭りの時だけご開帳の富士塚には浅間神社
Img_74bc9fee1a35406d9e5af9889223e711
関東松尾神社とKさん
[きっかけの神さま&散策ポイント]
今回は伊奘諾命(いざなぎのみこと)を参拝しようと出かけました。先月お参りした伊弉冉命(いざなみのみこと)とともに国産みをされた父神さま。
先月に続き、ホッタさんガイドの神社ツアーに参加されたことのあるKさんが同道くださいました。「午前中の神社参拝は気持ちいい!」これは二人ともしみじみ感じ口にしたことばでした。

“しらやま”と“はくさん”と読み方は異なるものの、つまり「白山」、「小石川」の地名も「加賀国石川郡」から来ているとの説が境内の御由緒書にありました。「白山比咩神社」とこの白山神社のつながりだけでなく、地名とのつながりも知って、なるほどなぁ〜。境内の富士塚と浅間神社といい、“山”は神聖なものとして大切に信仰されてきたんだなと感じました。

じつはKさんも私も、それぞれに白山比咩神社を訪れたことがあり、そのご縁も感じて参拝を思い立ちました。白山比咩神社のすがすがしい空気と風景も遠くから懐かしく思い出す参拝となりました。
Img_c76362a6b3fc659283626bb39aa40c41
Img_380fa422405842d1cf6323b90bccbefd
黄金の目をもつ狛犬さん