Img_5e5efee9c0ce02a0cb4196eb8a781ff8
Img_561a657336d8ce9b82a825dc4a005896
2018年6月16日(土)来訪
「日比谷神社」 (Click!) にお参りしてきました。
新橋、汐留の両駅のほど近く、かつて赤穂浪士たちが討ち入り後に泉岳寺に向かって歩き、現在は多くの車が行き交う第一京浜沿い、新虎通りと交差する地に位置するお社です。

創建は古いようです。記録にあるのは慶長11年(1606)江戸城築城に当たって、現在の日比谷公園大塚山というところから氏子とともに芝口に移動しましたが、日比谷という社号は変わらず引き継がれたのだそうです。その後昭和3年(1928)に新橋四丁目に、そして平成21年(2009)、現在の東新橋二丁目に鎮座されました。
日比谷にあった頃から霊験あらたかな「旅泊(さば)稲荷」として有名で、新橋の地に移ってからは「鯖稲荷」と表記を変えて親しまれてきたそうです。

[ご祭神]
豊受大神(とようけのおおかみ)
祓戸四柱大神(はらいどのよつばしらのおおかみ)
 瀬織津比賣大神(せおりつひめのおおかみ)
 速開都比賣大神(はやあきつひめのおおかみ)
 気吹戸主大神(いぶきどぬしのおおかみ)
 速佐須良比賣大神(はやさすらひめのおおかみ)
Img_47fc3b794125980b0cee47094beb4a06
Img_1f224acfb0c0d1ba6ec24162864f4a3c
鳥居の奥にそびえるのは共同通信。日テレ、電通もすぐ近く。すべてこの日比谷神社の氏子地域とのこと。小さなお社ですが、背後にメディア群を背負い、前方に望む虎の門ヒルズを受けとめている、そんな力強い姿に見えました。
【PH左】銀座方面から眺める第一京浜。この先、左手に日比谷神社はあります。【PH右】新橋駅近くに立つ地図、中央てっぺんあたりに、しっかり表記されています。

[きっかけの神さま&散策ポイント]
ある時ホッタさんからいただいた「大祓詞」。声に出して読んでみると、意味はよくわからずとも、何とも音が美しいのです。あぁこれが言霊ということかな? と感じました。そこに登場するのが、今回お訪ねした「祓戸四柱大神」です。6月30日の「夏越の大祓」にはちょっと早いけど、2018年の半分を、感謝して、祓っていただく気持ちでお参りしてきました。5月にひき続きRさんと、今回はホッタさんの神社ツアー日枝神社編 (Click!) にご参加のFさんがご一緒してくださいました。ありがとうございました。

肌寒いくらいのお天気、モーニングであったまろう!と参拝後は“銀ブラ”発祥のお店「カフェーパウリスタ」へ。江戸から現代の東京まで、新旧を想像しながらの散策も楽しい、汐留・新橋・銀座です。
Img_d8c5decbf9d20545ad87df38768f02d1