世田谷観光だより

〜世田谷を中心に東京ローカルをたのしむ〜
Text Size : A A A
Img_467453a5124d39a2a39105c749f2192d
Img_cbf5162f638dea25a485b7e02247b116
2018年7月13日(金)来訪
大田区北嶺町の「御嶽(おんたけ)神社」 (Click!) に参拝しました。

室町時代は天文4年(1535)のご鎮座といわれています。江戸時代後期に木曾御嶽山で修行した一山行者が来社して信者が急増し、天保2年(1831)に現在の大きな社殿を建立したそうです。

「嶺の御嶽に三度参拝すれば木曾御嶽山へ一回行ったのと同じ」と言われたそうで、関東一円から木曾御嶽山を信仰する人たちが多く参拝したとのこと。「嶺の御嶽」というのは当時の地名が「嶺村」だったからのようです。

本殿壁面には、見事な彫刻が施され、大田区の文化財に指定されています。

[主祭神]
国常立尊(くにとこたちのみこと)
[ご祭神]
国狭槌尊(くにさづちのみこと)
豊斟渟尊(とよくもののみこと)
Img_aa6a62abdad862352cfb457636b67be5
Img_13885b2ea5255d80c1c07705387474fd
Img_3a1f61e3738493a6e89b7c2e2fce076b
街中、平地に建つ神社ですが、鳥居脇の「御嶽神社」と刻まれた大きな石の社号標や木々の豊さが“森感”を大いに醸し出しています。
【PH左・右】狛犬さんは狼。【PH中央】本殿の彫刻。ぐるりと、いろんな物語や故事にちなんだ精巧な彫刻で飾られています。天保2年の作、当時の状態がそのまま保たれた貴重なものです。写真は養老の滝、「孝」を表しているそうです。
[きっかけの神さま&散策ポイント]
7月1日に引いた神さまカードは「国之常立神(国常立尊)」。「平常は表に出てこないけど、ここぞという時に出現し世にはびこる悪神を退治する神さま」とホッタさんから教わりました。なんだかスカッとする!とお会いしに行くことに。5・6月の神社参拝に続きRさん、そしてホッタさんの神さまカードリーディングのお客さまNさんがご一緒してくださいました。

この神社の“森感”、山の雰囲気、心地いいなぁ〜とみんなで口々に言っていたら「『霊神の森』づくりの目的と経緯」という案内チラシを発見。平成21年(2009)に、宮脇昭先生監修で氏子さん等約350名もの人の手で境内に植樹をしたのだそう。この宮脇先生というお名前にびっくり! 先生の著書『鎮守の森』(新潮文庫) (Click!) はとっても面白くて印象に残っている本なのでした。土地本来の植物の持つ力、人間と植物との関係、ナルホド!と膝を打つ感じ。ご一読をおすすめしたいです♪

ご神木の夫婦松の脇に、小さなお社がありました。手を合わせた時にすーっと風が吹いて一服の清涼感。大鳥神社だそうです。酉の市も立つ嶺の御嶽神社。東急大井町線「御嶽山」駅からすぐです。ぜひ三度参拝しよ♪と思ったせたがやかんこうあるじでした。
Img_7ac0cd66b5cf859d7d3232298f7c89f9
Img_e98268079c2a0c181359b60c8a9df36a
大鳥神社とNさん、Rさん