世田谷観光だより

〜世田谷を中心に東京ローカルをたのしむ〜
Text Size : A A A
Img_07ba78e47c690d5156bedc6f2d64829d
筑土八幡神社の鳥居
Img_f3a7c795e5a771c18f66509ea0db7dab
宮比神社
2018年8月30日(木)来訪
新宿区筑土八幡町の「宮比(みやび)神社」に参拝しました。町名にもなっている筑土(つくど)八幡神社 (Click!) の境内にあります。

筑土八幡神社の始まりは約1,200年前。
熱心に八幡神を信仰する翁が夢で神霊のお告げを聞きました。目を覚ました後、美しい雲から現れた白鳩が松に止まったのを見て、まずその松にしめ縄を回してお祀りしたのだそうです。

のちにその場所を訪れて由来を聞いた最澄が、宇佐神宮の宮土を運んで礎にして祠を造り、「筑土八幡神社」と名づけられたとのこと。

その境内にある「宮比神社」は、古くから下宮比町(筑土八幡町のすぐお隣)一番地の旗本屋敷にあったお社を、明治四十年(1907)に遷座したものだそうです。

[宮比神社 ご祭神]
宮比神(みやびのかみ)
※大宮売命(おおみやのひめのみこと)・天鈿女命(あまのうずめのみこと)ともいわれる
Img_34d10f4ff904a3c6bf8816f5d1150de4
Img_b599de219026552b55da302876577400
Img_f1a69030e672862cd8e32e7e96ea4bde
【左】積まれた酒樽、銘柄は「白鷹」。伊勢神宮の御料酒だそうです。案内板を読むと、この筑土八幡神社の氏子地域の神楽坂と深いご縁のあるお酒! 興味深いです。【中央】筑土八幡神社の拝殿と、ご一緒したNさん。【右】庚申塔。寛文四年(1664)に奉納されたそう。日月、右にオス、左にメスと二匹の猿、そして桃が配置されています。全国的にも珍しい構図だそうです。ウズメさんが祀られている宮比神社のすぐお隣に立っています。
[きっかけの神さま&散策ポイント]
7月の御嶽神社散策 (Click!) に同道くださったNさんとおしゃべりしていたら、「ふと引いた神さまカードで気になったのがアマノウズメさん!」とのこと。「じゃあお参りに行きますか、ウズメさんに♪」という話になり、検索したNさんが最初に見つけてくださったのが宮比神社でした。

飯田橋駅東口を起点に、徒歩6〜7分。「筑土八幡町」という交差点から石段を上がります。鳥居の左右に百日紅が美しく光っていました。石段の脇には同じ傾斜を利用した、何ともキュートな細長い公園が。クライミングぽいこともできます!?【PH1】小高い丘の上の神社は、静かで、いい風が吹いていました。

参拝後は「神楽坂上」から坂を下って、蕎麦のお昼を【PH2】。おろし蕎麦に焼き鯖寿司セット/ソースカツ丼セットをいただきました♪ 神楽坂ぶらぶら散歩がまた楽しく、満足満腹の半日でした。
Img_82f96ff74dd19e8e978278fb1f4f21f2
【PH1】
Img_6b6638c4041f04a84ce275d8708dbb6d
【PH2】