世田谷観光だより

〜世田谷を中心に東京ローカルをたのしむ〜
Text Size : A A A
Img_f4dcc52babffd1e1953d285dbfe5825f
Img_e0001e49c5f8ecdc06dc2944b0a49028
2018年12月31日(月)来訪
渋谷区神宮前の「青山熊野神社」 (Click!) に参拝しました。

元和五年(1619)、徳川頼宣の邸内(現在の赤坂御所)にお祀りされていたお社が、地元住民の願いによって正保元年(1644)現在の地に移されたのだそうです。「青山総鎮守」とされた神社で、熊野大権現という呼称だったところ、神仏分離の令により社号を現在の「青山熊野神社」に改称したそうです。

[ご祭神]
五十猛ノ命(いだけるのみこと)
大屋津姫ノ命(おおやつひめのみこと)
抓津姫ノ命(つまつひめのみこと)
伊弉冊ノ命(いざなみのみこと)
Img_a7da12c468a532ccba6a0b0299421195
Img_fb04a197da97361d3f367f90121cd7ea
Img_1df3f7451556dd90af40402e3f7ded4f
【左】・【右】左の狛犬さんの頭にあるのは角かなと思うんですが、右の方は……宝珠?
【中央】ザ・大晦日、まさに大祓か。茅の輪好きのせたがやかんこうあるじはウキウキします。
[きっかけの神さま&散策ポイント]
12月に引いた神さまカードは「大屋毘古神(おおやびこのかみ)」という木の神さまでした。『日本書紀』の「五十猛ノ命」と同神とされているそうです。
小さな神社ですが、静かでこんもりとした森の感覚があります。境内にはけっこうな高さの木が。
この神社がもともとあったのは徳川頼宣公の邸内。この方は家康公の十男で、紀州徳川家の祖だそうです。
紀州といえば木の国。だから、お祀りしていたのか、それとも別の理由があったのか? 
想像するとワクワクしますが、何よりも一年の最後の日、茅の輪をくぐって、旧い年に感謝をこめつつさようならしてきました。
Img_21decef29eaa2d5afcb64e1d18a03c78