世田谷観光だより

〜世田谷を中心に東京ローカルをたのしむ〜
Text Size : A A A
Img_98454335ea9921842cc2acb5647fd005
Img_76f7fec43589f08869e5a39ed14f14c2
2019年4月3日(水)来訪
千葉県長生郡一宮町の「玉前(たまさき)神社」 (Click!) に参拝しました。

房総半島九十九里浜の最南端に位置する一宮町にあるこのお社は、「延喜式」にも名神大社として名を記された歴史ある神社です。一年を通して温暖な気候に恵まれ、縄文時代から人びとの営みがある土地に建っています。しかし戦国期の永楽年間に戦火により多くの記録を焼失し、創建の時期や由来などについては不詳とのこと。
上総国一の宮として、朝廷、豪族、幕府からの信仰を集めた格式高い神社であり、また、西端を出雲大社とする「レイライン」の東の起点に位置し、関東屈指のパワースポットとしても有名だそうです。
9月10日から13日に行われ「上総十二社祭り」と称される例祭は、房総半島に多く見られる浜降り神事の代表として広く知られているそうです。

[御祭神]
玉依姫命(たまよりひめのみこと)
Img_cf00cf4d0d7db9f6e5c38868d82a585a
Img_54ede587ca350a98a62847e6537d8806
Img_e26d639b44209c6afccef634f82fe73a
【左】境内の「十二神社」の案内板。【中央】十二神社とRさん。【右】「三峯神社」もあります。
[きっかけの神さま&散策ポイント]
3月に「玉依比売命(たまよりひめのみこと)」のカードを引きました。古いものに別れを告げ新しく始まることを示す神さま、春先に幸先のよい神さまに会えましたね、と堀田さんのコメントをもらいました。
うきうき、ちょっと遠出の神社散策。今回は何度もご一緒くださっているRさんと二人旅。桜がこぼれんばかりに咲いていました。

境内に白石を敷き詰めた場所がありました【PH上】。裸足になって三周すれば、一周で垢が落ち、二周で気を入れて三周で気を満たす、との案内板が! おぉ、挑戦してみましょうとRさんと二人裸足でいざ! 歩み始めると、入口から入ってすぐのことろは丸く感じる石が、気のせいか半周して向こう側になると、尖っている!! 痛いのなんの。泣きの涙で三周はしましたが、後日、足指の間にあざを発見しました……。いい経験です。

「ご神水」をいただけます【PH下】。帰宅して口に含むと、鉄分と塩味を感じました。海を近くに感じる味でした。
Img_6c3f035f1808735d20b30c3f61ba2446
Img_3af51913beed4b953657e1d0b85e239f