世田谷観光だより

〜世田谷を中心に東京ローカルをたのしむ〜
Text Size : A A A
Img_419d9c240de868af475df2ff9824ae7e
Img_13ac91ed61e28c2ce7732e33323c9100
2019年4月19日(水)来訪東京都隅田区の「隅田川神社」 (Click!) に参拝しました。

平安時代末期の治承年間(1177-1181年)、関東に下ろうとしていた源頼朝が暴風雨に遭って祈願したのがはじまりと伝わっていますが、鎮座の年代は未詳。
荒川の下流、鐘ヶ淵を越えて大きく曲がったこの地は、隅田川の落ち口(終点)で、かつては鬱蒼とした森が広がっていたようです。
当時、この地から入江が始まり、海となっていたことから「江の口」、つまり「江戸」の語源にもなったといわれるそうです。
「水神社」または「浮島の宮」と呼ばれ、隅田川の船頭や荷船仲間に広く深く信仰されてきた神社です。

[御祭神]
速秋津日子神(はやあきつひこのかみ)
速秋津比賣神(はやあきつひめのかみ)
鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)
大楫木戸姫神(おおかじきどひめのかみ)
Img_b3b0f7400a052bf0d1a0fadbd1c834a1
Img_c8929edb1699f998b37e1e8f1df3193b
Img_b05879079c7bb161f14cd3714d32472a
【左】鳥居の内側に立っている碑。「水神社 船霊社」と書かれています。【中央・右】狛犬ならぬ「狛亀」が! さすが水神さま!?
[きっかけの神さま&散策ポイント]
4月1日に引いた神さまカードは「鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)」でした。
この神さまがご祭神となっている神社を調べると、船だけじゃなく飛行機にかかわるところもあります。船は空に浮かべば飛行機……面白いな、と思いました。堀田さんからもらった「時空を超えてススメ!」というコメントも、わくわくします。

その昔は水神の森として「江戸名所図会」や水神社として葛飾北斎の「雪月花」という作品にも描かれた隅田川神社。現在地はかつての立地から100mほど移動したところだそうです。そして鳥居は大きな団地に囲まれ、団地内の敷地、隣接する公園(都立東白鬚公園 (Click!) )を抜けてたどり着くお社の拝殿の背には首都高が走る……古の姿と今とを思いめぐらすのがまた、面白いな〜、と思った一日でした。
Img_b9f16d81680ec21b2b0bb327f112341d
東白鬚公園の案内板
Img_cb1ee2d7bc785281efd21f6fe5a16522
案内板、隅田川神社部分を拡大