Img_9ff85de3d43dcad3636507f6df2cdd17
Img_bb3441cac38e9950ca318b79ac117f5c
2018年4月9日(月)来訪
JR千葉駅から歩いて「千葉神社」 (Click!) に参拝して来ました。桓武平氏の流れをくむ豪族千葉氏が代々守護神として信仰した神さまをお祀りする神社です。その神さまとは、北辰、すなわち北極星を神格化した「妙見さま」と称される天之御中主大神。

最初にお祀りされた年代は不詳だそうですが、長保2年(1000)に「北斗山金剛授寺」として開山されたと記録があり、間違いなく平安時代にはこの地に立っていたことがわかります。

妙見さまは人間の星(運命)やすべての方位を守護・掌握される星王であるとして、方災除け、運気好転を祈って参拝される方が多いようです。
境内には寿永元年(1182)に勧請された菅原道真公を御祭神とする「千葉天神」もあります。ちょうど参拝した時には大きな茅の輪がありましたが、この神社では3月25日から4月15日頃まで「智の輪くぐり神事」として実施されているそうです。他にも、香取神社や星神社、石神社など境内社が多くお祀りされています。

[主祭神]
天之御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)=妙見さま
[相殿]
経津主神(ふつぬしのかみ)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
Img_0bdd50a04b27a978bb68fe5a54f4f6ea
参拝ごとにひと口飲むとよいとされる「妙見延寿の井」
Img_9928a026675add33ddb654032c55e819
Img_74804b5f50cb3c5439d872268495728c
「ツキ(月)を呼び、勝(星)を拾う」と言われている千葉天神
[きっかけの神さま&散策ポイント]
今回は天之御中主大神を訪ねました。初めて「日本の神さまカード」を引いた時にも登場された、せたがやかんこうあるじが勝手に“ご縁がある!”と思っている神さまです。春らしく「新しいスタート」というキーワードをホッタさんから聞きました。

JR千葉駅を降りるのはほぼ初めて。モノレールがある! すっとんきょうな表情の交番もキュートです。
何より、この「千葉」という地名は、この地を本拠地とした豪族千葉氏から来ているのか〜!? 驚き。全然知りませんでした。調べてみると、千葉市のHPにも紹介ページがありました。 (Click!) 
こういうことを知ることができる、歴史再発見がまた面白いなぁと思う、神社散策です。

JR千葉駅から歩いて10分ちょっと。機会があればぜひ、訪れてみてください♪
Img_88ced051472d79f6780de6b7d99b1ebe
Img_e049b1c1e7821f2988449585aef904f9
Img_29b5d7631c06279e24877b2ea920bc95
Img_c5c46eff64fa551b09ae347e63666730
2018年3月17日(土)来訪
文京区白山に鎮座する「白山神社」 (Click!) にお参りしました。
「あじさい祭り」で有名ということは知っていたものの、実際に出かけたのは初めて。
この日は東京の桜の開花日。気温は低めですが日差しポカポカ、春の到来を感じます。

創建は平安時代、天暦2年(948)に加賀国一の宮の「白山比咩(しらやまひめ)神社」 (Click!) を本郷元町に勧請したのが始まりだそうです。巣鴨原に遷座したのち、明暦元年(1655)に現在の地に鎮座されたとのこと。小石川の鎮守として信仰を集め「東京十社」にも数えられています。

住宅がひしめく場所に建っていますが、お社の上空はぽっかりと気持ちよく空が見渡せます。相当な人出があるという6月のあじさい祭りと季節も異なるこの日は静かですが、次々と参拝者のお姿が。大きなスーツケースをごろごろ押して来られた方は、旅立つ前のご挨拶なんでしょうね。地元に根づき、愛されている神社だなという印象を受けました。

地主神さまの「八幡神社」、松尾大社のご分霊を祀った「関東松尾神社」、富士塚と「浅間神社」などが境内にあります。

[御祭神]
菊理媛命(くくりひめのみこと)
伊奘諾命(いざなぎのみこと)
伊弉冉命(いざなみのみこと)
Img_3c77617f2d2ddfed85b3fe1246210b0e
一生懸命蜜を吸う鶯の姿が…!
Img_97204073c79fe3885a3fa34b664365b5
あじさい祭りの時だけご開帳の富士塚には浅間神社
Img_74bc9fee1a35406d9e5af9889223e711
関東松尾神社とKさん
[きっかけの神さま&散策ポイント]
今回は伊奘諾命(いざなぎのみこと)を参拝しようと出かけました。先月お参りした伊弉冉命(いざなみのみこと)とともに国産みをされた父神さま。
先月に続き、ホッタさんガイドの神社ツアーに参加されたことのあるKさんが同道くださいました。「午前中の神社参拝は気持ちいい!」これは二人ともしみじみ感じ口にしたことばでした。

“しらやま”と“はくさん”と読み方は異なるものの、つまり「白山」、「小石川」の地名も「加賀国石川郡」から来ているとの説が境内の御由緒書にありました。「白山比咩神社」とこの白山神社のつながりだけでなく、地名とのつながりも知って、なるほどなぁ〜。境内の富士塚と浅間神社といい、“山”は神聖なものとして大切に信仰されてきたんだなと感じました。

じつはKさんも私も、それぞれに白山比咩神社を訪れたことがあり、そのご縁も感じて参拝を思い立ちました。白山比咩神社のすがすがしい空気と風景も遠くから懐かしく思い出す参拝となりました。
Img_c76362a6b3fc659283626bb39aa40c41
Img_380fa422405842d1cf6323b90bccbefd
黄金の目をもつ狛犬さん
Img_00c022dd40b5f7b0ce3c794e166438bd
Img_04d7363d15bb93f9f5182e897990a473
2018年2月17日(土)来訪
港区芝公園にある「幸稲荷神社」 (Click!) にお参りしました。
事前にHPを見て、東京タワーの近所とはわかっていましたが、すぐ隣は学校、裏手はマンション。都会の一角に、こぢんまりと静かに、しかし、しっかりと存在感を放ちながらたたずむお社の姿を拝した時は、お〜!と軽く驚きました。境内にはきれいな白石が敷き詰められています。

室町時代の応永元年(1394)、芝大門芝公園十号地の鎮守として勧請されたのがはじまりだそうです。当時は鎌倉街道にあたり、人の往来も盛ん。江戸時代には寄席なども設けられ大変な賑わいだった模様です。「岸之稲荷」と呼ばれていたのですが、氏子にいいことがたくさん起き、いつしか「幸(さいわい)稲荷」と呼び名を変えたんだそうです。明治に入り、近隣の神さまが合祀されたようです。境内には小さいですが天満宮さんの祠もありました。

[御祭神]
伊弉冉命(いざなみのみこと)
倉稲魂神(うかのみたまのかみ)
Img_6d19382ae228c7e5b8c5c6d69f1f284e
御祠石(みふくらいし)
この石に水をかけ祈ると熱病が癒されるとの言い伝えがあるそうです。
Img_6187f4febee6124242f64d8735866f85
今回の番外編ツアーに同行してくださったKさん♪
[きっかけの神さま&散策ポイント]
今回は伊弉冉命(いざなみのみこと)にお参りしようと出かけました。伊奘諾命(いざなぎのみこと)とともに国産みをされた神さま。イメージは「ウルトラの母」。ホッタさんも「まさに」と、「破壊と生成の母なる神」と教えてくださいました。旧暦の新年を迎え、新しい一歩を踏み出す時期にぴったりと感じました。何よりうれしかったのは、ホッタさんガイドの日枝神社 (Click!) ・東京大神宮 (Click!) のツアーに参加してくださったゲストKさんと、ひょっこりご一緒できたこと。参拝後も次はどんなところに行きたいか、などなどお話は尽きず。またタイミング合えばぜひ、この番外編ツアーに同道願いたいと思っています♪ ありがとうございました。
Img_0c6d573103d737e8a70df4419c0a6eea
鳥居を見上げたら東京タワーもにょきっと!
合わせていろんな散策も楽しめるエリアです。
Img_a44aff2ee92b1e61655f63846a865a04
Img_b842ad09872bc8b13536000ccbe42a31
2018年1月15日(月)来訪
週明け月曜日の午前中、「戸隠神社」を目指しました。
学問の神として超・有名な「湯島天神」 (Click!) の境内にあるお社です。
平日朝にもかかわらず、人でごった返しています。それもそうだ、これから受験シーズン本番、という時期ですものね。初詣〜受験シーズンだからか、前に訪れた時にはなかった屋台がたくさん並んでいます。朝から開いてるのは甘酒と飴と大福のお店くらいでしたが♪
「湯島天神」にはホッタさんの神社ツアー初回で訪れています (Click!) が、その時は「戸隠神社」にはお参りしていませんでした。
しかし今回調べてみると、この「戸隠神社」は天神様をお祀りする前からこの地に祀られていた地主神さま。
地主神さまには是非お参りしましょう、とホッタさんに教わったことを思い出し、改めてお参りできてよかった〜と感じました。
【地主神さまについてご参考記事】
「第3回 根津神社」 (Click!) 
「第5回 日枝神社」 (Click!) 

[戸隠神社にお祀りされている神]
天手力男神(あめのたじからおのかみ)
Img_11463fd0833d33e498712feeacc981cd
天神様に皆さんが手を合わせる拝殿の
Img_145405db9f078c6dd2fad9e5c43e8c2a
裏手、この向かいに戸隠神社はありました。
Img_e9e86939bdd5a4e50dcf0147ac64c64d
合格折紙付きの大福の売店も。梅の開花はまだちょっと先。
[きっかけの神さま&散策ポイント]
「天手力男神(あめのたじからおのかみ)」を訪ねました。
天岩戸に隠れた天照大神を神々が協力して引っ張り出そうとした時、岩戸をえいっと投げた神さま。高千穂から長野の戸隠まで飛んだということです。
しなやかな力、ハラを決める、というホッタさんの解説コメントが印象に残っていました。

天神さんの神使である牛の像。参詣者がなでていくので鼻筋あたりは特にツルツル光っています。
新年を迎え、どんな年にしたいか。よく考えて進んでいきたいなと思いながら、なでました。
Img_e1e9cb6784c0879f360ea97aeaea0e39
Img_bcf1d930e0085ce389d3da44a3398b4c
Img_3e9459656941600073d46e78180074cc
2017年12月18日(月)来訪
きりっと寒いが日差しぽかぽか、そんな師走のある日出かけてきました「阿佐谷神明宮」 (Click!) 
JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分ほど。こんな至近距離に静かにたたずむお社があるとは! 青空に冬枯れの木々、この季節らしい気持ちよい空気を吸い込みます。
平日の昼下がりですが、鳥居をくぐるご近所らしき人の姿を何人も見かけ、また結婚式のご一族も。きっと地元で永く親しまれている神社なんだなと感じます。
境内に立つ「八難除(はちなんよけ)」のぼり。いただいた「参拝の栞」によれば、八難除け祈願が有名で、バリ舞踊の奉納があったりジャズストリートの会場にもなるそうです。

[主祭神]
天照大御神 (あまてらすおおみかみ)
豊受大神 (とようけのおおかみ)
月読尊 (つくよみのみこと)
須佐之男尊 (すさのおのみこと)
Img_891913a7aaae20ecf087fb7748bd676d
左:猿田彦神社
右:ご神木の夫婦ケヤキ
Img_85eec2aadc45ef1a7b4101d8ffb4aa36
いいお天気でした
Img_97f11ac2c6d3ae64938cc321d1f0fd60
天神社。五角形の「合格鳥居」
[きっかけの神さま&散策ポイント]
「月読尊(つくよみのみこと)」を訪ねました。
男性性と女性性のバランス、というホッタさんの解説コメントが印象に残っていました。

御朱印には「神明宮」「月読社」の2種類があり、お守りにも「月読尊」があります。
なぜだろう??
たまたまなんですが、当日は新月の日でもあり、より“月”を意識する日だったなぁ〜と思いました。

バス好きのせたがやかんこうあるじ。杉並区のコミュニティバス「すぎ丸」 (Click!) に乗り、下高井戸〜浜田山〜阿佐ヶ谷と2路線乗り継いだプチバス旅を満喫! 「庚申堂」とか「火見櫓」という停留所の名前も、土地の歴史が想像されて、楽しいんですよね〜♪
Img_1e65e8c6d80b9bc7935eff3a7d7338e8